ストレスを減らすアイディア

自分を否定する人に囲まれながらでも、自己肯定感を高めたい人への3つのアドバイス

岩の上で瞑想をしている女性

自己肯定感を上げたい。

でも、

周りにいる人たちが毒すぎて、どうやって自分を肯定することができるんだよ!

そう悩んでいる人、多いと思います。

私もその1人でしたから。

そして悲しいことに、自分を否定してくる人って、

旦那や義理母、自分の親や兄弟だったりと、本来なら、お互い支え合うはずの大切な家族なんです。

他人だったら関わらなければいいのですが、

家族ともなると、そういう訳にはいかないのが現実。

自分では頑張っているのに、すぐ近くにいる家族に自分を否定され、どんどんネガティブになっていく・・・

悲しすぎますよね。

でもね、

もうやめましょう!

周りの人たちに、いくら否定されても、自己肯定感を上げることはできます!

もしあなたが、自分を否定してくる家族がいる環境でも

  • どうやって自分を信じられるのか?
  • どうやって自己肯定感を上げられるのか?
  • どうやって自分を好きになれるのか?

と悩んでいるのなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

簡単ではありませんが、必ず道は開けます。

自分を信じて、実行に移していきましょう!

もしあなたが、深刻なモラハラやドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)の被害に遭っているのなら、

すぐに信頼できる家族や友だち、行政の窓口に相談してください。

『ドメスティック・バイオレンス 〇〇市』など、自分の住んでいる地域で検索すれば、窓口の連絡先を調べることができます。

DVやモラハラに耐える必要は、一切ありません。今すぐに助けを求めてください。

自分と相手を切り離して考える

夕日を見ている女性の横顔

大切なのは、

人から言われたことを、真に受けないことです

相手に悪気があるのか、無いのか分かりませんが、

「あなたは、〇〇だよね」

言われること、良くありませんか?

  • だらしないよね
  • ネガティブだよね
  • 太っているorおばちゃん体型だよね
  • 料理が下手だよね
  • のろいよね

などなど。

あとは、

「どうせ、〇〇にはできないよ〜」

と、勝手に決めつけられること。

せっかくやる気になって、ダイエット(健康的な食事や運動)を始める。

もしくは、

資格を取るために、勉強を始めようと思ったとき、などなど。

特に、

自分を向上させるために、自分を良くしていこうとポジティブになったとき

初めから、出来ないと決めつけられる。

軽く鼻で笑われるというか、バカにされるというか・・・

日常的にありますよね、そういうこと。

しかもそれを、妙に納得してしまう自分もいる。

自分でも、『三日坊主になりそうだな』と正直思ってしまうのも事実(笑)

分かります。

本当に分かります。

そんな時こそ大切なのが

  • 人から言われたことを真に受けないこと
  • 『やっぱりそうだよね・・・』と、納得しないこと

自分には自分の思いがあり、相手には相手の考えがあります。

(相手に悪意が有る無いに、関わらず)

だから

相手の考えと自分の考えを、切り離して考えることがとても大切です。

相手の意見に同調する必要もありませんし、受け入れる必要もありません。

大切なのは

自分の気持ちであって、相手の意見や考えではありません。

グレーのスニーカーを履いた女性の足
何をしても続かない。それでも良いと思う3つの理由【人生に無駄な経験なんてない】先日友達が、 何をやっても続かない。 そんな自分にうんざりしている。 どうしたらその癖が治るのか? そん...

相手の空気に汚染されない

手をつないで立っているいるカップルの足

例えば

仕事から帰ってきた旦那の機嫌が悪かったとき、どうしていますか?

  • どうしよう、どうしようと、パニックになる
  • 不安になる
  • 悪い機嫌が、もっと悪くならないように気をつける
  • とりあえず、話しかけない
  • 旦那のご機嫌取りをする

これらは昔の私です。

なぜ、この様になってしまったかというと、

子供の頃の環境が、過剰にそうさせていました。

暴力を振るう父親の気分を損ねないように、殴られないように、ビクビクしながら過ごした幼少時代。

そんな子供時代が、大人になっても影響していて、

特に、

男の人が怒ったり機嫌が悪くなると、父親を思い出してしまい、このような行動を取っていました。

もし、私と同じ行動を取ってしまうのなら、記憶をちょっと辿ってみてください。

同じような経験をありませんか?

  • 兄弟
  • 学校の先生
  • 昔の上司
  • 元彼

横柄な態度を取る人が、あなたの周りにいたのかもしれません。

当時の自分は子供だったので、自分を守る(殴られない)ために、父親の顔色を伺いながら生活するのは必須でした。

でも気付いたのです。

相手の機嫌が悪いのと、自分は一切関係がない

前の項目にも書いたように旦那と自分を切り離して考えてみると、

  • 旦那は、自分で選んで不機嫌になっている
  • 私は、別に不機嫌ではない

なので、私は普通に過ごすことにしました(笑)

だって

旦那の気分に合わせる必要、なくない?

旦那の機嫌に振り回されている自分。

その度に疲れ、旦那のことも嫌いになるし、自分にも嫌気がさしていました。

私は、自分で自分の首を絞めていたんです。

だから私は

旦那の機嫌に合わせて、自分の態度を変えるのをやめました。

不機嫌な相手に気を使ったり、萎縮することは絶対にしない

これを、自分の新しいルールとして加えました。

なぜなら、相手は機嫌を悪くすれば

  • あなたに構ってもらえる
  • あなたをコントロールできる
  • あなたの前では機嫌が悪くなっても良い
  • あなたに横柄な態度をとっても良い

そう思ってしまいます。

機嫌が悪いのは、その人の問題で、あなたの問題ではありません。

だから、自分は普通に振る舞いましょう。

そして大人であれは

自分の機嫌は自分で取りましょう♪

気に入らないことに対して、泣いて良いのは赤ちゃんだけ!

幼稚園児ですら、泣くのではなく、話し合って解決するように教えられます。

以前旦那に、「自分だって、好きで機嫌が悪くなっている訳ではないよ!」と、言われたことがあります。

じゃあ、上司の前では?

大切なクライアントの前では??

そんな態度、取りませんよね?

ということは、ちゃんと人に合わせて、態度を変えられるんです。

私の前では、横柄な態度をとっていい。

そして、私も旦那の機嫌を取ることによって、旦那にそれを、許していたんですね。

だから、もうやめました。

機嫌が悪い人の空気に、自分も汚染されない。

これは、本当に大切です。

周りがどんな状況であっても

影響されないように、自分をコントロールしていきましょう。

私の場合ですが、始めて1ヶ月もしないうちに効果が現れました。

旦那は以前と比べ、とても穏やかになり、夫婦仲、家族仲も良くなりました。

男女が手を繋いでいる
夫婦円満になりたいなら読んでみて!先延ばし癖を直したら旦那が優しくなった話 洗濯が終わったら、すぐに干す。 これを約4ヶ月間徹底したら、全部がうまく回り出しました。 嘘じゃないです。本当で...

相手との境界線を引く

白線の上に立っている女性の足

自分と相手との境界線を、きちんと引いていますか?

自分の中で

どこまでがOKで、どこまでがNGなのかを明確にする。

その日の気分によって、OKだったりNGだったりするは、自分もそうですが相手も混乱してしまいます。

自分の中で、どこまでなら許容範囲なのか。

家族だからといって、全ての行動や発言が、許される訳のは違いますよね。

そして、家族だからと言って、相手の全てを受け入れる必要もないのです。

自分の気持ちを犠牲にしてまでも、相手に合わせるのは優しさではありません

まずは自分に優しくしましょう。

だからと言って、相手を思いやらなくていいのではありません。

自分に優しくしても、相手を思いやることはできますし、自分の意見をきちんと言うことが、ワガママや自分勝手ではありません。

その為にも

自分と相手の境界線は、自分で決める。

開けっ放しのドアでは、人は土足で勝手に入ってきます。

きちんとドアを閉めて、大切なあなたの心や時間を守りましょう。

ここの線引きがきちんとできているのなら、義理母とだって、ママ友とだって上手くやっていけますよ!

国際結婚 2世帯の家族が外で食事をしている
国際結婚と義理家族。夫の家族(特に義母)と上手に付き合う3つのアドバイス旦那の家族と付き合い始めて15年。 そうりゃあもう、初めは大変でしたし、お互い、敵としか見ていませんでした。 でも今は、 ...

最後に

スマイルフェイスのマグカップ

最後にまとめると

自己肯定感を高める方法
  1. 自分と相手を切り離して考える
  2. 相手の空気に汚染されない
  3. 境界線を引く

自分の周りや家族に、ネガティブな人、自分を否定する人がいるときに一番大切なのは、

自分自身にフォーカス(集中)することです。

誰が何を言おうとも、自分を信じて、周りの環境に流されないこと。

これだけです、大切なことは。

今までの自分の思考や習慣を変えるのは、簡単ではありません。

でも、上の3つのポイントを常に心に留めながら生活していけば、

1ヶ月後、1年後には、必ず変わっていきます。

少しずつでも大丈夫!

昨日より今日、今日より明日を良くしていく気持ちで、少しでも前に進んでいきましょう。

必ずできると信じています。

くじけそうになったら、いつでもこのブログに戻ってきてください。

私は、あなたを応援していますよ!

そのことだけは、忘れないでくださいね。

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで女性のライフスタイルに関する雑記ブログを運営中。シドニーの生活、海外子育て、国際結婚などについても書いています。