主婦の朝活

【朝起きれない人に読んで欲しい!】朝早く起きる為にする、たった1つのこと。

早起きするためにする、たった1つのこと。白いシーツのベット

私は朝活を始めて、

朝早く起きることが、それほど特別なことではなくなりました。

先日友達に、

『朝、どうしても起きられない。』

『アラームを2時間前からセットして、スヌーズを15分刻みに鳴らしているのに、結局いつもギリギリになってしまう。』

と相談を受けました。

(2時間前からスヌーズって鳴らしすぎじゃない??)

スヌーズを設定すると、

『どうせ次に鳴ったら起きれば良いや〜』

と思ってしまいませんか?

スヌーズが鳴る安心と引き換えに、また寝る。

あまり得策とは言えない気がします。

それに、

朝早く起きるのに、コツなんて本当はないんです。

朝早く起きるには、アラームが鳴ったら、

自分の感情を無視して、起き上がる。

これしかないと思っています。

どうすれば、朝早く起きれるのか、本当はみんな知っている。

黒い目覚まし時計と止めようとしている手

ネットで『朝早く起きる方法』と検索すると色々な方法が出て来ます。

試したことありますか?

試した結果、起きれましたか?

繰り返しますが、朝早く起きるには、アラームが鳴ったら、

自分の感情を無視して、起き上がる。

これしかないんです。

みんなそれに薄々気づいているのに、

他の方法があるんじゃないかと、一生懸命探しているんです。

ダイエットも同じで、

『痩せたいな〜。』

そう思ったと時にやることって、何ですか?

ネットで探しませんか?

自分に合いそうなダイエット方法を。

で、ちょっとやってみるけど、結局続かない。

これも同じです。

みんな知っているんです。

痩せる為にすることは、

運動して、適切な食事制限をすること。

でも、

  • 運動めんどくさい。
  • 今日はやめておこう。
  • やっぱり食べたい。
  • ダイエットは明日からで良いや〜。

そんな気持ちを、無視することが出来ずに

食べてしまう。

運動をサボってしまう。

この繰り返しですよね。

朝早く起きるには、自分の感情を無視して起きるだけ。

女性がベットに横たわっている

誰だって、暖かい布団から出たくないし、もっと寝たいと思っています。

本当は、子供の弁当なんて作りたくないし、仕事なんて行きたくない。

このままずっと寝ていたい。

布団から出てしまったら、1日が始まってしまうから。

1日が始まったら、やりたくないことを、しなくちゃいけないんです。

布団の中で、

『あ〜、今日やること沢山あってめんどくさい。このまま寝ていたい』

そんな感情が邪魔をしているから、ベットから起き上がれないんです。

じゃあ起き上がるにはどうするかというと、

そんな感情を無視して、起き上がる。

そして布団から出る。

明日の朝5時に起きたら1億円がもらえるんだったら、絶対に起きますよね。

何か楽しいことが次の日に、待っているんだったら、早く起きれます。

でも現実は、そんなんじゃないことくらい分かっています。

だからこそ頭を切り替えて、

頭によぎる、ネガティブな感情を無視して、さっさと起きちゃうんです。

じゃないと、いつまでたっても、起きれません。

日の出前に起きるのが大変なら、『光で起きられる目覚まし』を使うのも、オススメです。


部屋が明るくなれば、自然と目も覚め、起きやすくなりますよ*

とは言っても、起きたくない。やる気が起きない。

窓辺に置かれた植物

先ほども書きましたが、

明日、朝5時に起きたら1億円が貰えるというのなら、絶対にみんな起きますよね。

明日、楽しみにしていることがあるんだったら、早く起きれます。

でも現実は、そんなんじゃない!

1億円なんて貰えないし、毎日遊んで暮らせる訳ではありません。

じゃあ、どうしたら良いのか。

脳のしくみで、

人間は、思ったことを行動に移そうと思った時、

5秒間のうちに決めないと、言い訳を作ってやる気にブレーキをかけるそうです。

こんな経験ありませんか?

ノリや、勢いで、大事なことなのに決めちゃった時。

『もういいや!えいっ、やっちゃえ!』ってね。

これこそが、そうです。

しかも、勢いで決めた方が、なぜがうまく行ったりする(笑)

それは、考えてないからです。

考える時間、言い訳を作る時間を与えなかったから、決断できたのです。

反対に、

あーだこーだ、どうしようかと考えているうちに、色々な不安や、ネガティブな感情が出て来て、

結局なにもやらない。

頭で考えれば考えるほど、行動から遠ざかって行きます。

5秒のうちに行動に移さないと、やらない言い訳、行動しない言い訳が、どんどん頭の中で作られて行きます。

ベットの中で、

まだ眠いな。起きたくないな。あと5分寝てもいいかな。

そう考えているうちに、『起きる』という行動からどんどん遠ざかっていきます。

だからその前に、ベットから起きるんです。

 

最後に

テーブルに置かれたコーヒー

別に朝早く起きる理由がなければ、起きる必要はないと思っていますが、

朝いつもよりちょと早く起きれたら、時間に余裕ができますよね。

そうすると、心にも余裕ができます。

私はその余裕が欲しいんです。

そうすると、1日を気分良くスタートできますし、子供にもイライラしなるので。

今日から出来る!簡単3つの解決方法
朝から子供にイライラしない為に!今日から出来る、簡単3つの解決方法。朝、子供にイライラしない人、いますか? いませんよね〜。 私の友達で、子供にイライラしちゃうから、漢方飲んでる人、2人知って...

朝早く起きることは、別に大変なことではないです。

みんな考えすぎなんです。

起きれば良いだけなんです。

それを

まだ眠い。寝るのが好き。

などなど、理由をつけて遠ざかっているだけだと思います。

私も、寝るのは好きです。

毎晩ベットに入るのが楽しみで仕方ありませんし、朝は眠いです。

そんなの当たり前です。

でも、

いちいち自分の感情と向き合っていたら、ベットから出られないので、そこは無視して起きています。

ただそれだけです。

参考になるかどうかわかりませんが、朝、なかなか起きれない人は試してみてください。

なんの準備もいりません。

朝アラームが鳴ったら、考えずに起きる。

それだけです。

 

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで雑記ブログを運営中。シドニーの生活や、子育て、国際結婚などについて書いています。