ストレスを減らすアイディア

後悔しない40代を送るために再確認する、自分自身への5つの約束

黄色のTシャツをきた女性が振り返って笑っている

私、あと2年で40代に突入します。

ちょっと前までは、

自分の年を、さほど気にしてはいなかったのですが。

先日、誕生日を迎えて38歳になり

あと2年で40歳

そう思うと、色々な思いが頭に浮かんできました。

  • 残りの30代をどう過ごせばいいのか?
  • 今までの38年間で、私は何をしてきたのか?
  • そして、これから迎える40代はどんな感じなのか?
  • このまま同じような生活をしていて、いいのだろうか?
  • 更年期はいつ頃くるのか?

40代、50代になると中年の危機、

ミッドライフ・クライシスが起こりやすいと言われています。

コーヒーを飲みながら考えこんでいる黒髪の女性

自分が20代の時、

40代の人たちって落ち着いた生活をしている。

そう勝手に思ってたのですが、

よくよく考えてみると、私の周りの40代でも、

大きな変化があった人が、少なからずといました。

  • 離婚した人
  • 不倫した人
  • タトゥーを入れた人
  • 年収5000万の仕事を辞めて、学校の先生になった人
  • 急に、運動や新しい趣味にハマりだした人

私の父も、40半ばで浮気してましたし、

やっぱり40代って、迷えるお年頃なんでしょうね。

ってことは、

私も、おかしくなっちゃうのか???

こんなことを考えてる私は、すでに

ミッドライフ・クライシスに突入しているのか???

と、軽くパニックになっています。(笑)

周りの40代をみていると、

40代は大人の思春期で、

再びアイデンティティーを探し求める年齢

みたいなものだと感じました。

(まだ40代ではないので、実際にどうなのかわかりませんが・・・)

10代で自我を探し求め、

40代で、それが正しいかったのか思い直す時期

なのかなぁ・・・。

人にもよりますが、

その期間で、もっと深い人間になるのか、おかしくなってヘンなことしちゃうのか。

実際にそんなに極端なわけではないと思いますが、

自分がどちらになりたいか、と言われれば、

私はもっと、深みのある大人になりたい

そうなる為にも、

40代に突入するまであと2年を準備期間として、

後悔しない人生を送るために自分は何をすればいいのか。

これを、今の自分、今後の自分のために真剣に考えてみました。

相手を肯定し、人に優しくする

ピンクのチューリップの花束を持った女性

誰だって、

自分を否定されたら悲しいし、嫌な気分になります。

私もそうです。

人に何か言われたくないし、そんな筋合いもない。

自分がされたくないから、人にもしない。

それだけです。

よく、

『相手にしたことは、そのまま自分に戻って来る』

と言いますよね。

  • 優しくして欲しいなら、相手にも優しくする。
  • 大切にされたいなら、相手を大切にする。

いつも意地悪してくる人に、優しくなんてなれません。

でも、

いつも良くしてくれる人には、私も良くしてあげたいと思います。

そういうことなんです。

人間関係は、いつだってシンプルです。

しかし以前は、

自分の意見を人に押し付ける傾向がありました。

自分の考えが正しい。だからそうするべきだ。

そう勝手にアドバイスしていた時期もありました。

(本当、ウザかったと思います)

私は今でも決して、優しいタイプの人間ではありません。

自分の意見をズバズバ言ますし、

相手のことを最優先するような人間でもありません。

でも最近こんなことがありました。

10歳の頃からの友達に、

『エマちゃんって、優しいよね』

と言われました。

マジで??

私、そんなキャラだっけ?と驚きましたが、

彼女は、

『絶対に私を否定しないし、いつも私の意見に賛成してくれる』

そう言ってくれました。

これは驚きです。

相手を肯定すると、優しい人と認識されるようです。

人は皆、そのままの自分を受け入れて欲しいもの。

そう感じました。

私もそうです。

だからこれからも、誰に対しても否定せずに、応援して、励ましてあげたいと思っています。

グレーのスニーカーを履いた女性の足
何をしても続かない。それでも良いと思う3つの理由【人生に無駄な経験なんてない】先日友達が、 何をやっても続かない。 そんな自分にうんざりしている。 どうしたらその癖が治るのか? そん...

過去の怒りや憎しみを手放す

目をつぶっている女性

おそらくほとんどの人が、

過去の行動や選択を悔やんだり、

誰かにされたことを恨んだり、根に持っていたりすると思います。

特に怒りや、憎しみは、

手放すのが本当に難しいですよね。

私にもいます、なかなか許せない人が。

それは、私の父親に対してなのですが。

昔に比べて、

彼への憎しみ、怒りの感情は無くなってきましたが、

なかなか難しいんですよね。

『相手を許すということ』って。

25歳の時に、40代後半のお友達に言われたことがあります。

  • 憎しみを持ち続けて生きていくのって、ものすごくエネルギーがいること
  • いつまでも人を憎んで生きていくのは、とっても疲れる
  • 40代の自分には、そんな体力も気力もない

彼女はそう言っていました。

25歳の私には、よくわかりませんでした。

だって、

許せないものは許せないし、嫌いなものは嫌いだから。

それから10年以上経った今、

彼女の言っていることが少しずつ分かってきました。

この怒りを手放さない限り、

永遠に私は、

父親から逃げられないし、解放されないって。

なぜなら、

父親(私の父ではなく、誰かの親ということ)を見るたびに、自分の父親を連想してしまうから。

もう完全に呪いですよ。笑

でもね、父親とは長い間会っていないので、

今現在、彼に直接なにかされているわけではありません。

自分で自分に、呪いをかけているんですよね。

疲れるんです。

いつまでも憎んでいるのって。

今なら彼女の言っていることがわかります。

残りの人生、そんな思いで生きていきたくないって、本気で思います。

幸せは未来にあって、過去にはない。

過去に不幸だったら、未来を変えればいいだけ。

過去の怒りを手放して、新しい関係を築けばいいだけ。

だからこそ、自分の未来のために、

過去の怒りを完全に手放すこと。

これが、私の課題です。

自分を満たす

あぐらをかいてリラックスしている女性

自分を満たすことは、

人生においてとっても重要です。

なぜなら、

持っていないものは、人にはあげられないから。

  • 優しさを持っていなければ、人には優しくできません。
  • 自分に余裕がなければ、人を助けることもできません。
  • 自分を愛せないなら、人を愛すこともできません。

だから、自分を満たすことがとっても必要なんです。

グラスに注がれた水
  • 自分のコップに、溢れるほどの水が入っていれば、溢れた分は人にあげられます。
  • 自分の水が足りていないのに、人にあげてしまうと、自分の分を奪われたと思うようになります。
  • 他人の水がどれだけあるのかも、興味がなくなります。
  • 満たされていると感じると、心が安定します。

だからこそ、自分を大切に扱い、

自分の心を満たしてあげることが、人生ではとっても必要なんです。

今あるものに感謝して、

心も体も健康的に心を満たしていきたいと思っています。

自分の意思で生きる

力強い目をしている女性

大げさかもしれませんが、私はこう考えるようになってから、

人生が変わりました。

自分に自信がついたし、他人の目も気にならなくなったし、

心おだやかに過ごせるようにもなりました。

以前の自分は、

何かうまくいかなくなったら、人のせいにする傾向がありました。

しかも、

人のせいにしているという自覚が、全くありませんでした。

当然のことの様に、

自分が被害者だと思っていました。

20代の時に、旦那(当時は彼氏)の仕事の都合で、オーストラリアに7ヶ月ほど住んでいました。

初めて海外に住むということ、英語ができない自分、

旦那の親の同居生活などのストレスで、

かなりストレスが溜まっていました。

今思い返すと、鬱だったんだと思います。

そしてそれを、

全て旦那のせいにしていました。

  • 旦那のせいで、親と同居しなくちゃいけないし、
  • 旦那のせいで、日本を離れなくてはいけなくなった。
  • 旦那のせいで、こんなに辛い毎日を、我慢しなくちゃいけない。

当時は本気で、自分は被害者だって思っていました。

でもね、

私は、自分の足で飛行機に乗りました。

決して、旦那に拉致されたわけではありません。

行きたくなかったら、行かないという選択だってあったんです。

行ってみて辛いなら、帰るという選択だってありました。

なのに、

自分ではなにもせず、

ただ毎日毎日、辛い!日本に帰りたい!

そう愚痴って、旦那のせいにして、

被害者ぶっていました。

自分の人生です。

自分で決断したのなら、その行動と結果には責任を持つべきです。

自分で行くと決めて、飛行機に乗ったのなら、

その先に起こることは、全て自分の責任です。

だからこそ、

何か困難なことに直面したときには、自分で解決しなくてはいけません。

それを、わかっていなかった20代。

まあ、よくも捨てられなかったな〜と思いますよ(笑)

このことを本当に理解できた時に、

人生変わります。

誰もあなたを、幸せにすることはできません。

自分を幸せにできるのは自分だけです。

旦那でも、子供でもありません。

お金でも、住んでいる家の大きさでもありません。

結局は、すべて自分次第だってことです。

だからこそ、自分ので決めて、自分で行動して、自分でその責任を取りましょう。

あなたの人生です。

自分の人生の舵は、自分で取りましょう。

女性が寂しそうに椅子に座っている
国際結婚での海外生活が辛い。私が過去の経験から学んだ5つの解決策。イタリア系オーストラリア人と結婚して11年。 約3年ほど前から、オーストラリアに住んでいます。 今は2回目のオーストラリア生...

リラックスして今を生きる

足を上げてリラックしている女性の後ろ姿

人間は、

過去を後悔して、未来に不安を感じます。

だからこそ

今日に集中して、今を生きる。

過去を振り返るのは、同じ失敗をしない為に、

先のことを考えるのは、これからの準備の為。

これ以外の理由で、過去や先のことを考えることはしません。

明日のことなんて、誰にもわかりません。

40歳になることを、今心配しても、実際になってみないとわからない。

そう考えれば、心がスーッと軽くなりませんか?

どおせ心配したって、なる様にしかならないんだから。

その時、その日になったら考えればいい。

不確かなことを心配する時間を、今の自分の為に使いましょう。

よっぽど時間を有効的に使えますよ。

リラックスして、今を楽しむこと。

要するに、心配しすぎない!

気楽にいきましょう♪

青い空にたくさんの雲
心配事が多くて疲れませんか?心配性なら試す価値がある3つの解決策心配事している時って、心が疲れませんか? 一日中、その事ばかり考えてて、他のことが頭に入って来ない 胸がそわそわ、ド...

最後に、後悔しない人生を送るためのには….

両手を広げて自由を感じている女性

欲を言うと、もっと色々あるのですが、

そんなに欲張っても疲れちゃうので、

今はこの5つに絞りました。

  • 相手を肯定し、人に優しくする
  • 過去の怒りや憎しみを手放す
  • 自分を満たす
  • 自分の意思で生きる
  • リラックスして今を生きる

そしてこの5つは、

誰にでも、どんな年代の人にでも当てはまると思っています。

そして、どれも1日でできることではありませんので、

時間をかけて、取り組んでいくつもりです。

これから、どんな40代になるのかわかりませんが、

きっといい未来が待っているはず。

そう思って、まずは今日を生きることにします。

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで雑記ブログを運営中。シドニーの生活や、子育て、国際結婚などについて書いています。