オピニオン

何をしても続かない人。それでも良いと思う、3つの理由【人生に無駄な経験なんてない】

丸太に座っている女性のあし

先日友達が、

何をやっても続かない。

そんな自分にうんざりしていて、どうしたらその癖が治るのか?

そんなことを言っていました。

私に言わせれば、

続く人の方が稀で、続かない人が普通なんじゃないのか???

と思ってしまいましたが・・・

「3日坊主」という言葉があるくらい、人間は昔から、一つのことに情熱を注いで続けることが難しい生物であるんだと思います。

ダイエットだったり、勉強だったり、朝早く起きることだったり。

私もそうですし、みんなそうですよね?

お友達の話を聞いて、一番悲しかった事は、「続かないこと」じゃなくて、

「そんな自分にうんざりしている」と、

自己嫌悪に陥っていることが、私の中では一番、大問題だと感じました。

ほとんどの人が経験のあることなのに、

あたかも、自分だけがそうだと思い込んで、自分の事が嫌いになるだなんて・・・

そっちのほうが、問題なんじゃないかな。そう思いました。

というわけで、もしこれを読んでいるあなたが、

「自分も何やっても3日坊主で、続かない。そんな自分が嫌になる。」

そう自己嫌悪に陥っているのであれば、私が全力であなたを肯定します!

「大丈夫。自分はそれでも良い。」

この記事を読み終わった後に、そう思ってもらえたら嬉しいです。

続かないと嘆くより、行動に移せたことを褒めるべき

woman standing in front of green plants with light

続かなかったかもしれないけど、行動に移せたから、大丈夫。

私はそう思います。

殆どの人は続かない

例えば、運動をしたいと思った時。

最近、運動不足だからジムに行きたいな〜、とか

近所をウォーキングしようかな、とか

これから毎晩、お風呂上がりに腹筋するぞ!(私のこと)

そう思い、実際に行動まで移せる人って、どれくらいいるのでしょうか?

半分くらい?

いや、もっと少ないんじゃないかな?

ジムに行くには、実際に入会したりと手間がかかるので、

行動に移す人は、かなり減ると思います。

お風呂上がりに腹筋するくらいなら、誰だって出来ます。でも、実際にする人は何人いるのでしょうか?

昼間に「今晩、絶対に腹筋しよう!」そう、心に決めたのに、

「結局、明日からでいいやー」と、やらなかった人なんて沢山いますよ。

そして、その「明日」が、1年経ってもやって来ないのは、私です。笑

3日坊主だろうと、1日坊主だろうと、始めたことが、凄いんですよ。

頭の中で思っているだけで、何も始めない人の方が大半だという現実を知ってください。

恥じることなんて、全くありません。

今回は続かなかったかもしれないけど、また急に始めたくなって、再開するかもしれないし。

続けられなかった事より、始められた事にフォーカスしてください。

「頑張ったじゃん、自分!」

そう思えませんか?

続かなかったかもしれないけど、経験になっている

women reading book while sitting on the chair

専業主婦になる前に、3年間で職場を6回変えました。

同じ業種だったり、全く違かったり。

(かなり若い時に、専業主婦になったので、職歴が浅い所は、ツッこまないでください。笑)

職場を変えて、新しい出会いがあったり、職種を変えて、新しい技術を取得したり。

同じ所にいるからと言って、人との出会いがなかったり、新しい経験が出来ない訳ではありませんが、

新しい環境に、身を置く事でしか得られない経験も、沢山ありました。

今まで生きてきた中の、全ての経験が、今の自分を作っています。

人生に無駄な経験なんて、ありません。

オーストラリアに引越しして来て、ひょんなことから

オーストラリアの子供達に、折り紙を教えるボランティアを始めることになりました。

え?折り紙?私が教えるの???

鶴しか折れないけど・・・

そう思いましたが、

オーストラリア人にとってみれば、鶴が折れる私は、神レベルなんです。笑

自分にしてみれば、大したことのない経験や、少ししか、かじったことのない技術が、

他人からしてみれば、凄かったり、必要とされたりすることがあるんです。

もう一度繰り返しますが、

人生に無駄な経験なんてありません。

そのうち「これだ!」というものに出会えるかも

水晶玉を持っている手

私が子供の頃、習い事をいくつかしていました。

剣道、そろばん、塾、バレエ。

自分でやりたくて始めたのは、バレエだけです。

私の親は、

「せっかく始めたんだから、嫌でも、続けなさい。」

「すぐに諦める、やめるのは悪いこと。」

そういつも言っていました。

嫌なことをいつまでも続けているほど、苦痛なことはありません。

結局、一番続いた習い事は、バレエです。

大人になっても、出産するまで踊っていました。

(今は踊っていませんが、ミュージカルやバレエ鑑賞は、今でも私の趣味の一つです。)

子供の私には決定権がなかったので、興味がなくても、嫌でも、続けるしかありませんでした。

嫌な習い事を続ける時間と労力を、バレエの時間に使いたかったと、今でも思っています。

子供には、色々経験させたい

私には子供が2人います。

私が親として、子供にしてあげられることは、

彼らの興味があるものを、できる限り、挑戦させてあげること。

嫌なら、辞めさせてもいいんです。

子供の興味なんて、驚くほどコロコロ変わります。

別にそれでも良いんです。

色々な経験に触れることが、大切だと思っていますから。

大人だって色々経験するべき

興味があって始めたけど、すぐに飽きて辞めちゃう。

それの何がいけないの?

興味がなかったら、次に行けば良いんですよ。

そのうち、飽きずに続けられるものが、見つかるかもしれない。

それには、どんどん新しいもの、興味があるものに挑戦しなければ、見つけることはできません。

最後に

黒いマグカップを持った女性が床に座っている

私だって、続かなかったことなんて沢山あります。

でもそんなの、いちいち気にしませんし、覚えてもいません。笑

大切なことは、

今、興味のあることに、集中することです。

継続することが大切なのは、わかります。

でも、こんなにも世の中が、凄いスピードで変わっていくのなら、

自分だって、どんどん、次へ次へと、進んで行ったって良いんじゃない?

最近では、そう思ったりもします。

「何をやっても続かない。自分はダメなんだ」って思う必要はありません。

みんなそう思っているし、何かを始めただけで凄いんです。

興味がないことをダラダラ続けていくより、

新しい何かを始めた方が、よっぽど良いです。

そして今、興味あることに集中する。

それで良いと、思いませんか?