ストレスを減らすアイディア

【コロナ騒動でパニックにならない為に】心を落ち着かせるためにする5つのこと

青いマスク2枚

コロナウイルスの感染拡大により、

ここオーストラリアでも、

毎日増える、感染者。

それに伴い、学校やお店が閉鎖され、
たくさんの人達が職を失っています。

そして、

これからもっと、
その状況は厳しくなると予想されます。

先日、旦那も無職となり、
厳しい状況なのは、人ごとではありません。

仕事がない状態、

子供が学校に通えない状況が

いつまで続くのかと考えると、

不安になります。

しかし、

私がパニックになった所で、
状況が一変するわけではありません。

本記事では、

こんな厳しい状況でも、

落ち着いた精神状態で、普段通りの生活が送れる様に

我が家で気をつけていることを、5つ紹介したいと思います。

今の状況を受け入れる

たくさんの人が道を歩いている

私がパニックになった所で、

コロナウイルスの感染者数を減らすことも、
学校を再開させることも、
トイレットペーパーが、空から降ってくるわけでもありません。

自分があたふたしても、この状況は変わらないんです。

まずは落ち着いて、今の状況を受け止める。

残念ながら、

それが今の現状なんです。

ジタバタしないで、現実を受け止めましょう。
あーだこーだ文句を言った所で、疲れるだけです。

今、大切なことは

いま一度、冷静にになり、
各自、各家庭で正しい行動を取る。

それしかないと思います。

ニュースを見過ぎない

新聞紙

ツイッターやSNSもそうだと思うんですが、

常に最新の情報を追ってませんか?

5分おきにニュースをチェックした所で、
5分前と状況は変わっていません。

私がニュースを見るのは、

  • 朝の州政府の定例会見を見る
  • お昼休憩に、ツイッターで少しニュースをチェック
  • 夕方のニュース1時間

朝の定例会見後はテレビは消します。

子供が9時から勉強を始めるので、
TVがついていると集中できないのもありますが。

24時間テレビを付けていませんか?

一日中ニュースを追っかけるのは、心にも良くないです。
不安な気持ちになるだけです。

オンとオフの切り替えはきちんとしましょう。

規則正しい生活習慣を続ける

ミューズりーにはちみつをかけている所なかなか外出ができない状態が続いています。

子供達も学校に行くことが出来ません。

しかし、出かけないからといって、

朝寝坊する訳にはいきません。

学校からは、
9時から3時までは学習の時間と言われています。

家にいるからといって、パジャマでは過ごすのはNG。

我が家では

ランチや休憩時間も、
学校の時間割に合せて生活する様にしています。

家にいると、ついついダラダラしてしまいますよね。

きちんと時間割を作り、メリハリをつけると、
生産性も上がりますし、
やることがあれば、日中ダラダラ過ごしません。

いつもと同じルーティーンができるよう、心がけています。

朝活の効果 白い机にノートとコーヒーが置いてある
朝活の効果は?主婦の私が 朝活を始めて感じた3つのメリット『朝活したら、なんか良い事あるの?』 私もそう思っていました。 色々な方がブログで、 朝活したら人生変わった! ...

柔軟な対応をする

黒いマグカップを持った女性が床に座っている

世界中が大混乱の中、

今まで通りに過ごすことはできません。

気軽に外出もできませんし、
スーパーに行っても、買いたい物は手に入りません。

旦那も子供もずっと家にいます。

ストレスは溜まる一方です。

ストレスが溜まる理由は、

以前の生活と、今の生活を比べているから。

今まで当たり前にしていたことが、出来なくなったストレスです。

スーパーのパニック買いが起こるのは、
今までの生活習慣を手放したくないから。

そう思う日人が、多いからだと思います。

『トイレットペーパーがなくなったら困る!』

そりゃ、私もトイレットペーパー切らしたくないですよ。

でもね、トイレットペーパーがなくなったら、
要らない布とか、小さく切って使えばいい。

以前の様な生活ができないなら、

今できる範囲の生活をすればいいんです。

毎日毎日、状況が変わっていくのなら、
自分自身もそれに合せて、変わっていけばいいんです。

『あれが出来ない』
『これが出来ない』ではなく

その時その時で、できることを、
できる範囲で、柔軟に対応してしけばいいんです。

自分を甘やかす/ 旦那や子供も甘やかす

両親と小さい子供たちが海にいる

こんな時に一番大切なのは、

家の中を平和にすること。

家の中がピリピリした雰囲気にならない様に、

まずは、自分を甘やかしています(笑)

スーパーにも気軽に行けないのを理由に、
ちゃんとした食事は、作っていません。(本当はめんどくさいから!)

子供が勉強中、やる気がなくなってダラけたら、
お菓子をあげちゃています。

いいじゃん、それで!

それで子供もヤル気もでるし、
私もガミガミ怒らなくて済むんだから。

こんな時に、家の中がピリピリしたら
家族全員のメンタルが崩壊します。

自分を甘やかして、心に余裕を持たせて、
家の中を平和に保ちましょう。

男女が手を繋いでいる
夫婦円満になりたいなら読んでみて!先延ばし癖を直したら旦那が優しくなった話 洗濯が終わったら、すぐに干す。 これを約4ヶ月間徹底したら、全部がうまく回り出しました。 嘘じゃないです。本当で...

最後に、コロナ騒動でパニックにならないために

野原に咲くピンクの花

なんども繰り返しますが、

パニックになったところで、事態は変わりません。
逆にストレスが溜まるだけです。

以下、まとめると

コロナ騒動でパニックにならないため

  • 現状を受け止め、落ち着くこと
  • ニュースを見過ぎない
  • 普段通りの生活ルーティーンを維持する
  • 柔軟に対応する
  • 家の中を平和にする

いつまでこの状況が続くのか、わかりません。

だからこそ、

こんな状況の中でも、自分は一体何ができるか?
自分は、何をするのかが正しいのか?

これらを常に考えて、行動していきたいと私は思っています。

 

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで雑記ブログを運営中。シドニーの生活や、子育て、国際結婚などについて書いています。