ストレスを減らすアイディア

夫婦円満になりたいなら読んでみて!先延ばし癖を直したら旦那が優しくなった話

Young woman with basket full of flowers

洗濯が終わったら、すぐに干す。

これを約4ヶ月間徹底したら、全部がうまく回り出しました。

嘘じゃないです。本当です!

旦那は優しくなり、

子供の面倒も見る様になり、

夫婦の会話も増えました。

今までは、尻込みしていたことも、どんどん行動に移せるようになりました。

一番の収穫はやっぱり、

家族仲が、ものすごく良くなったこと。

女子と男性子供2人が床に座っている

洗濯物をすぐに干す習慣を始めて、

1週間過ぎた頃からなんとなく旦那が変わっていきました。

そして、

1ヶ月後には子供の世話を積極的にみるようになり、

4ヶ月後には、家族仲が見違えるほど良くなりました。

今までは、旦那にストレスを感じることが多かったのが

(たぶん日常の99%は旦那へのストレス!)

それが、8割くらいは軽減された様に感じます。

(なかなかストレスを数字に表すのは難しいですか・・・)

意識して変えたことは、

先延ばし癖をやめただけ。

めんどくさがりな性格を変えたかった為に始めただけなのに、

『旦那が優しくなった』

というボーナスまでついて来ました。

先延ばし癖を直すため、初めにした事は洗濯物をすぐに干すこと。

白いシーツが干されている

なにそれ!!と突っ込みが来そうですが、本当です。笑

洗濯が終わったら、すぐに干すこと。

『これだけは、絶対にする!』

そいう心に誓いました。

その頃はちょうどレインシーズン(日本でいう梅雨)で、

ほぼ毎日雨が降っていました。

我が家は乾燥機を持っていません。

なので、雨が多い季節は洗濯物がなかなか乾きません。

そんなことから、

『夜に洗濯をして干しておけば、次の日には乾くかな。』

そう思い、雨のシーズンの間は、

夜に洗濯をして部屋干しする様になりました。

しかし、

夜洗濯機を回し、お風呂に入り、

のんびりしている時間帯に、洗濯機がピーピー鳴るんです!

こっちは寝る前にくつろいでいるのに、

洗濯機がピーピーピーピーうるさいんです!!

そのままにしておくと、また鳴るんです!!!

赤い服を着た女性がこめかみを押さえている

うるさいな、と思いながらも基本、無視していました。

寝る前に干せばいいや、と思って忘れる時もたまにありました。

めんどくさくて仕方なかったんです。

メル・ロビンスさんのスピーチを見て、衝撃を受ける。

ある日Youtubeで、

アメリカ人のモチベーションスピーカーのメル・ロビンスさんのスピーチをみて、衝撃を受けました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mel Robbinsさん(@melrobbins)がシェアした投稿

彼女が言うには、

人は、何かしようと思った時、5秒以内に行動しないと、
やらない理由を自分で作り出して、どんどんその行動から遠ざかるそうです。

考えれば考えるほど、やりたくなくなるし、

考えれば考えるほど、やらない理由を自分に言い聞かせているのに気付きました。

結局やらなくてはいけないんだから、

今やったほうがいいのは分かっている。

でも、今やらない理由を作って、後回しにする。

ソファーでのんびりYoutubeを見てるのに、動きたくない!

でも同時に、

ピーピーうるさいな〜。

やっぱり今、干しちゃおうかな。でもめんどくさいな・・・

やっぱり後でもいいかな・・・

でもやらなくちゃな・・・

こんなことウジウジ考えているんだったらやればいい。

そう思うんだけど、どうしようか迷う。

そして、モヤモヤする。

まさにそうなんだと思いました。

『自分で、洗濯物を今干さない理由を、作って後回しにしている』

でもこれ、洗濯物に限ったことじゃないんです。

  • 病院の予約を入れなくちゃいけない時
  • 誰かにメールで返事をしなくちゃいけない時
  • 子供が、学校でもらって来た手紙を、読まなくちゃいけない時
  • いっぱいになった、ゴミ箱のゴミ袋を変える時

すごく小さいことなんだけど、

いちいち、今やるか、やらないかで迷う。

そして、

今やらない理由を一生懸命作り出して自分を説得させて、後回しにする。

でもその度に、モヤモヤする。

(本当は、今やったほうが良いと分かっているから)

メル・ロビンスさんのYoutubeを見て、これだ!と思いました。

『今日から私は、洗濯物が終わったら、すぐに干す!』

『どうせやらなくちゃいけないんだから、今、終わらせる!』

まずはそこから始めました。

洗濯物以外では、

  • ゴミ箱のゴミがいっぱいになる、ちょっと前に袋を変える。
  • 床に物やゴミが落ちてたら拾う。見て見ぬ振りをしない。
  • 子供や旦那からの頼まれごとは、すぐに終わらせる。
  • メール等の返事はすぐに返す。
  • 夜はさっさと寝る。

始めは小さい事から始め、徐々に難易度を上げて行きました。

先延ばし癖を直して変わった3つの変化。

目に見える分かりやすい変化でいうと、旦那です。

1週間経った頃、最近旦那の機嫌が、なんとなく良いな。と思い始めました。

そこから急に変わって行きました。

1. 子供の面倒を見るようになった旦那。

お父さんと息子がペイントをしている

私の旦那は基本、子供の朝の身支度などは、一切手伝いません。

習い事の送り迎えなども、しません。

週末出かけたり、遊んだりはしますが、

子供がまだ未就園児の時ですら、お風呂や着替えの手伝いなど、そういった類のことは一切しませんでした。

今、子供は小学生なので、そんなに手伝いを必要としませんが、

それでも毎朝学校に送り出すのに、大人の手伝いが必要です。

それが、

今まで一切しなかった子供の世話を、する様になりました。

時間が許せは、習い事にも付いてくるようにもなりました。

そして、

旦那が娘の髪の毛を、とかしていた日には、自分の目を疑いました!!

明日でこの世が終わるんじゃないか!!

そう思うくらい驚きました。

今まで何にもしなかた旦那(子供のオムツなんて変えたことない)が、

変わりました。

たぶん、

今まで、旦那から頼まれた事などを後回しにしていたり、
めんどくさそうにやっていたのが、原因じゃないかと思います。

それを、さっさと終わらせることによって、

自分の優先順位が上がった。

そう旦那は思ったのだと思います。

それで、彼も子供のことなど、手伝う様になったのかな。

もちろん旦那が手伝ってくれたら、

私も嬉しいので旦那に優しく接することができ、

旦那も私の機嫌が良いから、嬉しいだろうし。

相乗効果で、どんどんお互い、優しく接することができる様になりました。

 2.自信がなくても、とりあえずやってみる様になった。

Tryと並んでいる積み木

色々考えることをやめました。

自信がなくても、とりあえずやってみてから考える。

上手くいかなかったら、やめれば良いし。

と軽い気持ちで、興味があるけど今までやらなかた事を、挑戦するようになりました。

英語を教えるボランティアに以前から興味があり、やってみたかったのですが、

自分も英語で出来ないのに、何を考えているんだ!!

自分でも笑っちゃうようなアイディアでしたが、

断られたら、それはそれでいいや〜。

と、軽い気持ちで始めることができました。

生徒さんも、私以外の、ネイティブのボランティアさんも、

暖かく見守ってくれたおかげで、任期を終了することが出来ました。

英語のボランティアの話はこちら↓↓

テーブルにあるコーヒーとPC
【TAFEでボランティア】AMEPのボランティア・チューターに登録しました。オーストラリで永住権を取ると、510時間無料で、英語が学べます。 https://www.emmaslifeblog.com/ta...

3. 他人の目が気にならなくなった

白い服を着た女性が階段の前で腕を組んでいる

自信がなくても、挑戦するようになった事と、関係していると思うのですが、

別に他人がどう思おうが、自分がよければ、関係なくない?

(もちろん常識の範囲で、ですが。)

そう思う様になりました。

だから、自信がなくても行動に移せる様になったのだと思います。

要するに、深く考えない。

行動に移せない他の理由は、

  • 他人から批判されるんじゃないか。
  • 自分がどう思われているのか。

それが気になるんだと思います。

それを深く考えないで、行動する事によって、

他人からの雑音も、以前と比べると気にならなくなりました。

ブログを書いていることも、少しずつですが、人に話せる様にもなりました。

(日本人の友達には、まだ言えないけど!身バレする可能性があるので)

始めたばかりの時は、旦那にも内緒でした。

絶対に、「何そんなのやってるの?」とか言うタイプの人間なので。

でも実際は、みんな興味あるみたいで、

何書いてるの?

とか

サイト見せて!とか

必ず言われますし、批判する人はいませんでした。

旦那も、

これブログのネタになるから写真撮った方がいいんじゃん。

と今では言ってくれる様になりました。

先延ばし癖を直すためのアドバイス。

黒板に書かれた電球の絵

私もまだまだ、直していかなくてはいけない所が沢山ありますが、

ちょっとだけアドバイスがあるとしたら、

小さなことから始めることをお勧めします。

小さなことから始める

私は、洗濯機がピーピー鳴ったら、

すぐに洗濯物を干すことから始めました。

こんなことですら、億劫だったんですよ!

でも、

これくらい小さいことから始めないと、続きません。

これだけは絶対にやる!

でも、他のことは、出来ればやる。

(できなかったら、やらない!笑)

それくらい緩く始めましょう。

それを続けていくうちに、習慣化されます。

「あっ、洗濯物が終わったみたいだから、干そう。」

と、深く考えなくなってきます。

それから、またハードルの低そうな事を追加して行きます。

私の次のハードルは、ゴミ箱のゴミでした。

ゴミがいっぱいになったら、すぐにゴミ袋を変える。

これも、めんどくさい事の一つだったので。

こんな調子で少しずつ、

低い低いハードルを超えて、数をこなしていくと、

めんどくさいと思う事も、少しずつ減り、

ちょっとした事では、めんどくさいと思わなくなっていきます。

そして、行動が早い人に変わっていきます。

さっさと行動して、家事を終わらせれば、自由時間も増えますしね。

最後に

Bicycle with basket on the pier in bright sunset light-min

小さなきっかけが、

雪だるまの様にどんどん大きくなっていく感じです。

何事も0からのスタートですが、

それが1になって、3になって、10になる。

先延ばし癖という様に、要するに癖なんです。

別に、生まれ持った性格とかじゃないです。

癖は直ります。

行動パターンや思考を変えるだけです。

すると変わった習慣も、新しい癖になります。

洗濯機が鳴ったら直ぐに干す。それが癖になるまで続ければいいだけです。

まずは小さな事から始める。

結構早い段階で、効果を実感出来ると思いますよ!

 

 

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで雑記ブログを運営中。シドニーの生活や、子育て、国際結婚などについて書いています。