ストレスを減らすアイディア

主婦歴16年の私が考える、専業主婦に向いている人の3つの特徴

キッチンで作業をしている専業主婦

専業主婦になって、早16年。

Emma
Emma
もう、プロと言っていいのではないでしょうか(笑)

世の中で専業主婦といえば、

  • 怠け者
  • 社会のお荷物
  • うざい
  • リスクが高い

などなど、世間の風当たりは冷たいのが現実。

そんな批判も承知で、16年も主婦をやってる自分も、なかなか図太いメンタルの持ち主だなと、我ながら感心しています。

そして、16年専業主婦をやって気づいたことがあります。

それは、

世の中の専業主婦の人達は、専業主婦であることに、とても悩んでいる。

と言うこと。

もしかしたら、これを読んでいるあなたも、専業主婦でいることに悩み、葛藤しているのではないでしょうか?

子供が産まれて、専業主婦を選んでなったのはいいものの、

お金を稼いでいないことの罪悪感や、それによって家庭内での立場が弱いことに悩む。

専業主婦になったら必ずどこかで、この問題にぶち当たります。

専業主婦になった経緯は、人それぞれだし、向き不向きも人それぞれ。

私は、専業主婦をお勧めする訳でもないし、働くのを勧めるつもりもありません。

Emma
Emma
自分の人生なんだから、自分の好きなようにすれば良いと思っています。

ただ私が一つ言いたいことは、

自分でそうすると決めたなら、周りの雑音なんて気にしないこと!

全てを気にしていたら、間違いなくメンタルやられます。

私の周りには、そんな主婦友がたくさんいます。

ということで、今回は専業主婦に向いている人の3つの特徴について、考えてみました。

私の経験上、これに当てはまる様でしたら、メンタルやられずに専業主婦を続けていけると思います。

逆にこれに当てはまらないと、どこかでメンタルが崩れてしまう時が来てしまいます。

では、早速見ていきましょう。

精神的に自立している

カップルが手をつないで歩いている

別に主婦に限ったことではありませんが、

精神的に自立することはとても大切です。

経済的に自立していないから、せめても精神的に自立しなくてはいけない。

という理由ではありません。

そもそも精神的に自立していないと、円満な結婚生活を続けることができないからです。

Emma
Emma
専業主婦だろうが、働いていようがそれは同じです。

以前の私は、金銭的以外にも、精神的にも旦那に依存していました。

自分がお金を稼いでいないということから、

自分の意見より旦那の意見を優先させ、自分が納得しないことも仕方ないと諦め、

しかもそれを旦那のせいにして

自分はなんて可哀想な人間なんだ、と悲願していました。

当時海外に住んでいた私は、英語を話せないのを理由に、旦那に頼りっきり。

Emma
Emma
おんぶに抱っことは、まさに私のこと。

旦那も、私を海外に連れて来た以上、面倒を見ないといけないという責任感もあったのだと思います。

特に子供を産んだ後は、

思い出したくもないほど悲惨でした。

子育ても大変だったし、夫婦関係もめちゃくちゃでした。

自己肯定感も低く、ブレブレな自分。

もちろん、子育てを通して自分が成長できたことは事実です。

でも当時は、精神的に自立していなかったために、夫婦関係もうまくいかず、辛い時期を過ごすことになりました。

精神的な自立は、結婚生活にはとても大切です。

そもそも、生まれも育ちも違う赤の他人が、家族として生活するんです。

自分自身をしっかり持ち、お互い尊敬し合い、必要なら助け合う。

(依存し合うのではなく)

そうでなければ、円満な結婚生活は送れません。

それに、結婚生活以外にも、義理母や義理家族との関係、ママ友の付き合いも、自分をしっかりと持っていれば、必ず上手くいきます。

ニットのカーデガンをきた女性がマグカプを持ちながらパソコンを開いている
私が実践した、自己肯定感を高める5つの方法【継続することが重要です】前の私は、 自分の自己肯定感が高いとか低いとか、考えたことがありませんでした。 落ち込んでいる時、 これは自己肯定感が...

お金の価値観、金銭感覚が旦那と同じ

ボードに書かれたMONEYの文字

専業主婦なので、自分でお金を稼いでいません。

なので、全ての支払いは、旦那さんが稼いだお金を使うことになります。

よって、

旦那と自分の金銭感覚が違えば、どちらかが不満を感じることになります。

よく聞く話は、

  • 自分がたまに行くランチや買い物に対して、旦那に使いすぎだと怒られる。
  • 本当はもっとお金を使いたいけど、旦那さんに気を使ってお金を使えない。
Emma
Emma
主婦定番の悩みですね

私が世の旦那さんに言いたいのは、

二人で話し合い、納得して奥さんが専業主婦になったのなら、

奥さんが使うお金に対して、いちいち文句を言わないこと。

(もちろん常識の範囲、各家庭での家計内での範囲)

そして世の専業主婦の方々に言いたいのは、

旦那の給料に文句を言うなら、自分が働けばいい。

生きていくのに、お金は必要です。

夫婦間でお金の価値観が違えば、必ず問題が起こります。

特に専業主婦で働いていないのなら、なおさらです。

夫婦間でお金に対する、価値観、感覚が同じであることは本当に大切です。


自分の価値を分かっている

菜の花畑に立っている女性の足

精神的な自立と、被るところがあるのですが、

お金を稼いでいない=人間としての価値がない

と感じている人は、必ずどこかでメンタルがやれらます。

専業主婦だろうが働いていようが、男だろが女だろうが人は、

人は、自分の存在価値が見出せないと、生きていくことが出来ないからです。

専業主婦を続けていくなら、「私はどうせ専業主婦だから・・・」と、自分を卑下しないこと。

それに、

お金を稼いでいない人は、人としての価値がないだなんて全くの嘘です。

私には2人の子供がいるのですが、

旦那が安心して仕事に行けるのは、私が子供の世話をしているからです。

子供の体調や予定に合わせて、旦那が仕事を調整する必要は一切ありません。

それだけでも私は、旦那にとって大切な存在です。

それは、子供がいない専業主婦でも同じです。

この人と一生を共にすると誓って結婚したのならば、旦那さんにとってもあなたにとっても、お互いを必要な存在ですよね。

あなたがいるだけで、旦那さんにとっては価値があるんです。

Emma
Emma
あなたが旦那さんを必要としているのと同じで、旦那さんもあなたを必要としているんです。

専業主婦を続けるのであれば、自分の価値を自覚してください。

専業主婦だろうがなかろうが、

誰かがあなたを必要としていることは、絶対に忘れないようにしましょう。

スマートフォンを操作している女性
自己肯定感の低い人に共通している考え方【解決策は自分の価値を上げることです】自己肯定感の低い人に共通している考え方は、一つです。 それは、 自分は、幸せになるのに値しないと思っていること。 いや...

最後に、専業主婦に向いている人の3つの特徴

女子と男性子供2人が床に座っている

最終的に行き着くところは、

お金とメンタルです

料理が好きだとか、掃除が好きだとか、そんなのは全く関係ありません。

  1. 精神的に自立していること
  2. 旦那さんと、自分のお金の価値観が一致すること
  3. 専業主婦でも、自分には価値があると信じていること

この3つです。

専業主婦の仕事内容に、向き不向きは多少あるのかもしれませんが、それはどんな仕事でも同じです。

好きなことを仕事にしている人もいれば、お金の為だけにその仕事をしている人もいます。

専業主婦も同じで、好きでやっている人もいるし、そうでない人もいます。

私がこの記事を書いた意図は、

どんな経緯で、あなたが専業主婦になったのかわかりませんが、

専業主婦であることを、恥じることは全くないということ。

専業主婦生活を楽しく、精神的にも安定した毎日を送りたいなら、お金とメンタルの面を意識することで、生活しやすくなる、と言うことを伝えたかったからです。

あわせて読みたい関連記事

ネガティブを治したいなら読んで欲しい。マイナス思考をやめる具体的な方法

自分を否定する人に囲まれながらでも、自己肯定感を高めたい人への3つのアドバイス

心配事が多くて疲れませんか?心配性なら試す価値がある3つの解決策

海外で専業主婦は肩身が狭いのが現実。だけど、他人にどうこう言われる筋合いはない。

夫婦円満になりたいなら読んでみて!先延ばし癖を直したら旦那が優しくなった話

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで女性のライフスタイルに関する雑記ブログを運営中。その他、シドニーの生活や海外子育て、国際結婚などについても。noteもやっています。ブログには書けない、くだらないことやプライベートのことなど。note⇨https://note.com/emma_e