月経カップ

月経カップが開いているかわからない!開きやすい入れ方と確認方法を説明します。

ピンクの月経カップとピンクの花

月経カップを使い始めて、一番最初にぶちあたる壁は、

カップが膣の中で、ちゃんと開いているのかわからない!

ほんと、分かりませんよね〜。

だって見えなんだもん!!笑

月経カップが、きちんと挿入できていなければ、漏れの原因になります。

漏れたら、月経カップ使っている意味がない!!

ということで今回は、

  • 月経カップが開きやすい折り方
  • 月経カップが開きやすい挿入方法
  • 月経カップが開いたかの確認方法

これらを写真付きで、詳しく説明していきたいと思います。

開きやすいカップの折り方

私はこちらの折り方で入れています。

月経カップ パンチダウン折り

パンチダウンと呼ばれています。

月経カップ パンチダウン折り上から見たらこんな感じ。

 

以前はCフォールドで入れていました。

月経カップ Cフォールド折り

しかし、うまく開かないことが多かったのでパンチダウンに変更。

パンチダウンだと、かなりの確率できちんと開いてくれます。

月経カップ パンチダウン折り

Cホールドよりも先を細く折ることができ、入れやすいので、

パンチダウンが一番オススメの折り方です。

月経カップが開きやすい入れ方

手順は、

  1. パンチダウンフォールドで、半分くらいまで挿入
  2. 折り目を抑えていた手を離し、カップを開かせる
  3. カップが開いた状態で、奥まで押し込む

以上の3ステップです。

まず、パンチダウンの状態で半分から3/2まで入れます。

月経カップ パンチダウン折り

次に、カップの折り込みを抑えていた手を緩め、カップを開きます。

月経カップ

ここで完全に開いてなくても、ちょっと凹んでいても大丈夫です。

奥まで入れると、勝手に開いてくれます。

最後に、カップが開いた状態で奥まで挿入します。

月経カップ

タンポンを使用したことがある人はわかると思いますが、

膣から真上には入れません。

斜めの方向、お尻の方に向かって挿入してください。

カップが膣の中で開いているか確認する

カップが開くと『カパッ』と音がします。と、ネットでよく見かけるのですが、

私はそんな音、聞こえたことはありません。笑

したがって、

確実に開いているかチェックするには、

実際に触ることでしか確認できません。

指をカップに沿ってなぞり、へこみがないか確認します。

月経カップ

へこみがあれば、カップがきちんと開いていないので、

カップを微調整して、きちんと開かせましょう。

月経カップを交換する際は、必ず手を洗ってから行ってください。

カップのへこみの直し方

カップが定位置(奥)に入っていると直しにくいので、

下腹部に力を入れて、いきむ感じでカップを下に持っていきます。

カップの下の方を持って、

  1. カップをくるくる回してみる。
  2. カップを上下に動かしてみる。
  3. カップをペコペコ押してみる

①〜③を試してみてください。

①カップの下の方をつまんで、クルッと回転させてみる。

月経カップをクルッと回す

②カップを上下に動かし、出し入れしてみる。

月経カップを上下に動かす

③カップをペコペコ押してみる

月経カップを内側に押す

いずれも、

下腹部に力を入れていきみ、カップを下にもってきてから調整してください。

定位置(奥)に入っていると、手が届かないので、調整できません。

それでも治らなかったら、カップを一旦取り外して、

もう一度初めから挿入してください。

月経カップを入れやすくする超裏技

月経カップを使い始めて気づくのは、

生理の2日目は入れやすく、生理の終わりかけは入れにくい。

生理2日目などの経血が多い日は、カップがとっても入れやすいんです。

なぜなら、

血がカップの滑りを良くしてくれるから。

そこでオススメなのが、潤滑ゼリーを使うこと。

特に、月経カップ初心者の方のにはオススメです。

私の経験上、

月経カップが挿入しにくい時は、カップが開いていないことが多いです。

カップの滑りが良ければ、挿入も楽にできるし、

カップの調整も楽にできます。

月経カップが入れにくい、使いづらい。

そんな方は、潤滑ゼリーを使うのがオススメです。

まとめ

最後にまとめると、

  • 月経カップが開きやすい折り方は、パンチダウン。
  • カップを折り、半分まで入れたらカップを開かせた状態で奥まで入れる。
  • 指を入れて、へこみをチェック。
  • へこみがあれば調整する。

大切なのは、

試行錯誤して自分のスタイルを見つけること。

私はこのやり方で、きちんとカップが開くことができました。

でも、

あなたに、このやり方が合うかは分かりません。

ぜひ、何度も挑戦して、自分のやり方を見つけてくださいね。

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで雑記ブログを運営中。シドニーの生活や、子育て、国際結婚などについて書いています。