国際結婚

カップル文化のオーストラリア。オージーでも本音は、面倒くさいと思っている人だっている。

男性と女性が手を繋いでいる

国際結婚をすると、殆どのカップルがぶち当たる問題。

カップル文化

私も初めのうちは、だいぶ苦労したのを覚えています。

週末になると、旦那の友達の家に、家族揃って行かなくちゃいけない辛さ・・・

私からしてみると、

  • なんで旦那の友達に会わなくちゃいけないの?!
  • あなたたちは友達かもしれないけど、私は初めて会うんですけどねぇ。

こう思うのですが、旦那は、

大丈夫!彼の奥さんも日本人だから!

もっと意味不明だよ!!

何が一体、大丈夫なんでしょうか???

よくわかりません!

日本人同士なら、みんなと友達になれるとでも、思っているのでしょうか?

余計なお世話です。

今は、旦那と付き合い始めてから15年ほど経つので、もう慣れたのか、

おばちゃんになりつつなり、神経が図太くなって、

あまり気にならなくなったのか、わかりませんが、もう慣れました。

でも、正直めんどくさいです。

でもね、

オージーだって本当は、めんどくさいと思ってんじゃないか?

そう感じる事が、時々あります。

本記事では、私がなぜそう思ったのかを、紹介したいと思います。

男性が女性のおでこにキスをしている
国際結婚は言葉や文化の違いがあって大変??【いいえ、結局は性格の問題です】国際結婚して11年、交際期間を含めると15年経ちました。 今の所、結婚生活を問題なく続けられています。笑 国際結婚は、言...

オージーも、本当はカップル行動がめんどくさい?!

ベンチに座った男性と女性の後ろ姿

ある日、子供のクラスメイトのお母さん(オージー)と、次のスクールホリデーについて話していました。

私が、

「次のホリデーは、日本に帰るんだよ!」

と、言うと彼女は、

「旦那さんも一緒に行くの?」

と聞いてきました。

これ、日本人の友達に言っても、そんな事は絶対に、聞かれません。

だって、

一人で子供連れて帰って、実家でのんびりする。

これが当たり前であって、

これが実家に帰る一番の理由だから。

旦那を置いて、自分と子供だけで実家でゴロゴロするというのが、最高なんじゃん!

そうでしょ?

なので、旦那を連れて実家に帰るなんて、365日の1日だけ。

正月に連れて帰るだけで十分です。

なので、

「あー、やぱりカップル文化だと、夫婦揃って日本(私の実家)に行かないと、やっぱり変なのかな〜」

そう思いつつ、恐る恐る、

「いや、私と子供だけ・・・」

そう答えたら、まさかの返答。

「Oh! That’s even better!!」

(それもっと良いじゃん!!)

おー!!マジで?!

その返答に調子に乗って、

「でしょ!!旦那を日本に連れて行ったら、ゆっくり買い物もできないし、

私の親も気を使うし、私の友達に会いにも行けないし、

旦那の面倒をみなくちゃいけないし。めんどくさいからね!」

そう答えると、彼女も

「わかる、わかる。」

と同感してくれました。

それから、何人かのお母さんと話す機会があり、同じように旦那抜きで日本に帰ることを言うと、

  • 最高じゃん!
  • 旦那いるとめんどくさいもんね〜!
  • ゆっくりできて良いじゃん!

と、みんなエキサイト気味に言ってくれました。うれしー!

実はみんな、旦那と行動するのに嫌気がさしているのでは?

そんな風に思いました。

ガールズナイトを定期的に開催する

ワイングラスをもって乾杯している女性の手

ある日、義理姉から、

今週末みんなで食事にいくから、空けといてね!と連絡が。

めんどくさいな〜。また親戚一同のディナーかよ・・・

と思って聞いていたら、

タクシーで行く?乗合する?何時に迎えにいけば良い?いつもと様子が違う・・・

すると義理姉が、

「ガールズナイトだから!弟(私の旦那)連れてこないでよ!」

えっ!ガールズナイトですか!?

こないだ親戚一同集まったばかりなのに、まだ会い足りないのかよ!!

私はずっと日本に住んでいたから、知らなかったのですが、

親戚一同の集まりの他に、女子だけで定期的に集まっているとのこと。

やはりたまには、旦那抜きでみんな集まりたいんだよね〜。

わかるよ、その気持ち。

同じ家族内で集まるのにも、旦那がいてめんどくさいなら、

旦那の友達とか赤の他人と顔をあわせるのなんて、もっと面倒だよ。

だから、カップル文化、廃止すればいいんじゃない?

結婚式には、彼氏、彼女はギリギリOKか?!

木の枠にあるMr&Mrsのサイン

以前、イギリス王室のキャサリン妃の妹、ピッパさんの結婚式に、

当時、ハリー王子の婚約者、メーガンさんは呼ばれるのかどうかが、話題になっていましたよね。

欧米では、カップル文化ではあるけど、公式な場所では、

カップル = 夫婦

というのが、まだ根強いんだな。

と、このニュースを見て思いました。

結局、メーガンさんは、教会で行われた式には参加できず、披露宴には参加したとのこと。

なるほどね。

この結婚式っていうのも、厄介で、

もちろん、主催者側の意向で大きく変わると思うんだけど、

私としては、

もう自他共に認めるカップルは(結婚していなくても)全然オッケーだけど、

新郎新婦が会ったこともない彼女、彼氏を連れて来られるのも、ホンネは辛い所。

しかも、彼女、彼氏がいなかったら、友達とか連れて来たり。

ちなみに、私のシドニーで結婚式をしたのですが、旦那の友達(男性)で、

  • 1ヶ月前に付き合い始めたばかりの彼女
  • お姉さん
  • お母さん

を連れて来た人がいました。

めんどくさっ!!

私達、その彼女も、お母さんも、お姉さんも知らないよ!!

(出席者のお金を出すのは、私たちなんだけどね・・・)

そんなに、カップルで参加する事に、こだわらなくちゃいけないのか?!

そう正直思いましたよ。

きっと、その人達だって、一人で参加できたら、したいと思っているのに、

周りの雰囲気とか習慣などもあり、

無理やりお姉さんや、お母さんを連れて来たのかな・・・

そう思ったりもしました。(私の勘違いかもしれませんが)

でもその中でも、一人で参加している人が、一人だけいました!

私は、そっちの方が潔くて、高感度が上がりましたけどね。

まとめ

コーヒーカップを持って座っているカップルの手とは言え、パーティーや結婚式、イベント等では、

当たり前のようにカップルで参加しますし、

週末に、旦那の友達の家まで遊びに行くことも、まだまだあります。

最近では、旦那の姪っ子や、いとこの子供達などが、彼氏、彼女を連れてくるようになり、

いつ別れるのかも分からないのに、よく親戚一同が集まる場所に連れてくるな〜。

と思うことも、しばしば。

当たり前のように、カップルで出席しないといけないというのも、

本当は、ちょっとめんどくさい。

というのも、ホンネなのかな。

と思いました。

日本人はもちろん、

オーストラリア人にしてみても、カップル文化はめんどくさいな、と思っている人もいるんじゃないか。

それを、この記事では、伝えたかったことです。