国際結婚

国際結婚後のクリスマス。プレゼント交換って、いらなくない?そんな習慣やめました。

プレゼントとライトアップされたツリー

Googleで『国際結婚 クリスマス』と検索すると、

『辛い』とか『憂鬱』『嫌い』って出てくるんですよね。

みんな一緒〜!笑

私も、イタリア系オージーの旦那とオーストラリアで生活をしています。

そして、Googleで検索される方々と同様、クリスマスが近づくにつれ、気持ちも沈んでいきます。

クリスマスが辛い、嫌いな原因の一つは、

『クリスマスプレゼント問題』

家族全員分の、クリスマスのプレゼントを用意するなんて、地獄です。(なんだよ!この習慣!)

クリスマスに、親戚一同集まらなくてはいけないという、拷問を受けるのにも関わらず、(これが一番きつい)

クリスマスプレゼントまで、用意しなくちゃいけないだなんて、ストレスMAXです。(翌日は、一日中寝ないと回復しません!)

でもね、私、やめました。

無意味な、クリスマスプレゼント交換。

今では、最低限のクリスマスプレゼントのみ、購入するので、

ストレスもなく、無駄な出費も減りました。

今回は、私がプレゼントを買わなくなった経緯や、その後の義理家族との関係について、書いていこうと思います。

夫婦の意見が合ったので、クリスマスプレゼントを廃止

ツリーの下のあるたくさんのクリスマスプレゼント

プレゼントを買わなくなった経緯は、

ある日旦那に、

『あなたの家族に、クリスマスプレゼント買うのめんどくさいから、買わなくてもいい?』

と聞いてみたら、

普通に、『いいよ』と言われたので、買うのをやめました。笑

それから、義理母と義理姉に直接、

『今年は、みんなの分のプレゼント買うの止めるね!でも姪っ子(義理姉の子供)には買うから!』

と言いました。

それだけ!笑

今では、姪っ子も成人したので、クリスマスプレゼントはあげていません。

要らない物ばかりもらうので、お金の無駄

紙袋に入ったクリスマスプレゼント

結局は、ここに行き着きますよね。

  • もらった物で、嬉しかった物なんて、一回もない!
  • こっちも、頭を悩ませて、相手が気にいるかな?と思って買ったけど、絶対、相手も嬉しくないと思った。
  • 時間も、お金も、労力も、全てが無駄すぎる!
  • そもそも、エコじゃない!
  • クリスマス商戦で、経済は潤うかもしれないけど、ゴミが増えるだけで、環境にいいことなんて、一つもない!

以上のことを、オブラードに包みながらも

『私のプレゼントは要らないので、買わないくていいよ。だから私も買わないね!』と、義理の家族に伝えました。

そして、その年から何も買っていません。

プレゼントを買わなくなって、どうなったか

微笑んでる女性の顔
  • 余計な出費が減った
  • ストレスが減った
  • 義理母との関係も変わらない

義理家族との関係は、いたって普通です。

もしかしたら、義理家族と仲が良いから、言えたのかもしれません。

仲が良いので、義理家族も私の事をよ〜く知っています。(私がビッチだってことも)

私はミニマリストではないけど、いつも同じ様な服しか着ていなかったり、要らない物をすぐに処分することをも知っているし、

『クリスマスの集まりに、行きたくないんだけど、行かなきゃダメ?』と、

毎年の様に愚痴っているので、(念の為ね、もしかしたら、来なくて良いよ!って、言われるかもしれないし。笑)

『この子には、何言っても無駄だわ。』と諦められたのかも、しれません。笑

(とはいえ、毎年クリスマスは参加しています。)

旦那の家族は、イタリア人です。

義理母はコテコテのイタリアン母ちゃんです。(超めんどくさい、義理母なんです。そして、義理姉も同じく、めんどくさいんです)

そんなイタリアンマンマですら、理解してくれました。

これも、日頃のコミュニケーションが、きちんと取れていて、お互い言いたいことが言い合える仲だからだと思っています。

two person wearing denim pants on grass field
国際結婚で夫の家族と上手く付き合う3つのアドバイス【義母との関係】旦那の家族と付き合い始めて15年。 そうりゃあもう、初めは大変でしたし、お互い、敵としか見ていませんでした。 でも今は、結構...

今年、私がプレゼントを買う予定の人は、9人です。

手のひらにのったクリスマスプレゼント
  • 自分の子供、2人分
  • 子供の学校の事務の人、2人分
  • 子供の習い事の先生、3人分(先生は皆、ボランティア)
  • 親戚の子供3人

学校の事務の人と、習い事の先生には、本当にお世話になっているので、1年間の感謝を込めて、プレゼントを渡しています。

なので、

全く苦でも、ストレスでもありません。

自分の子供にプレゼントを買うのも、同じ。特に問題ありません。

ただ、親戚の子供がめんどくさいな、と。年に1〜2回しか会わない親戚の子供。
でも立場上、あげない訳にいかない現状。

クリスマスの集まりに参加すると、親戚の子供たちが集まります。
ウチの子供とほぼ同年代だし、ウチの子供も、その日にプレゼントを貰うから、仕方ない。

なので、

プレゼント選びに迷う時間や、労力を節約するために、映画のギフトカードや、おもちゃ、本屋さんのギフトカードなどを渡します。

もう小学生ですし、要らないおもちゃを貰うより、合理的かな、と思っています。

まあ、個人の好みや、考えによりますが。

プレゼント選びに消耗する本当の理由

プレゼントを選ぶのにストレスが溜まるのって、

相手が喜ぶ様なプレゼントをあげたい。

という真面目な気持ちが、ストレスに繋がっているんです。

日本人は真面目だし、せっかくお金を出すのに、ゴミみたいな物はあげたくない。
もったいない。

そんな気持ちから、悩むんです。

もし、毎年スーパーで売られているチョコレートを買う。って決まっていれば、問題ないんです。

でも、予算内で、相手が喜びそうなもので、まだ贈ったことのない物を買おうとするから疲れるんです。

以上のことから私は、

プレゼントを買いたくないのに、買わなくちゃいけないなら、徹底的に楽をします。

ギフトカード、もしくは現金です。

クリスマスの気分、台無しですよ。笑

でも、良いんです。

私のストレスが減るから♪

最後に

クリスマスツリーと赤いオーナメント

クリスマスプレゼントは、

本当にあげたい人に、贈りたいと思いませんか?

プレゼントって、本来そういうものだと思っています。

無駄なお金を使うなら、その分、渡したい人に使いたいです。

なので、私は、思い切って止めてみました。

『じゃあ私も、今年から買わない!』という訳にはいかないのが、殆どだと思いますが、

こんな人もいるんだな〜、と考え直すきっかけになったら、嬉しいです。

それに、プレゼントは誕生日や母の日など、いくらでもあげる機会はあります。

適当なクリスマスプレゼントを選ぶくらいなら、誕生日や母の日に、きちんとお祝いした方が、私は良いと思います。

なるべくストレスを避けて、穏やかに暮らしたいと、私は思っているので、これからも過ごしずつ改善出来る所は改善して、

楽しいクリスマスを過ごせる様にしていきたいと思います。

皆さんも、なるべくストレス溜めず、無理をせず、楽しいクリスマスをお過ごし下さいね!

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。旅行好き、ミュージカル好き、Kマート好き! のんびりペースで雑記ブログを運営中。シドニーの生活や、子育て、国際結婚などについて書いています。