TAFE / 英語

AMEPの510時間の仕組み【TAFEで無料の英語クラス】

ソファーの上に雑誌とコーヒーカップとクッションが置いてある。

TAFEのAMEPでは510時間の英語のクラスが無料で受けられます。

その他には、SELPTコース(職業体験)を受ける事ができたり、510時間のクラスを受け終わっても、追加して510時間以上、AMEPに通うことも出来ます。

AMEPを知らない方は、こちらを先に読んでみてください↓↓

AMEPに行く前にチェック!オーストラリアのTAFEで無料の英語クラス510時間オーストラリアで永住権を取ると、TAFEに行って英語が無料で勉強できるのを知っていますか? TAFEで提供されているAMEPに申し...

これからAMEPに通ってみたいな。と思っている方に、もうちょっと詳しくAMEPの510時間の仕組みについて、書いてみる事にしました。

本記事は、私が通ったAMEPでの場合です。お住いの州や地域によって内容が違う場合があります。

詳しくは、通われる予定のAMEPに、直接お問い合わせください。

AMEPのコースの仕組み

AMEPでコースを修了させるには、

  1. 510時間、使い切る。
  2. モジュール(課題)を全て終わらせる。

この2つのパターンです。

510時間を使切る。

この説明は、要りませんね。510時間クラスを受けた終わった時点で修了です。

モジュール(課題)を全て終わらせる。

AMEPでは、ただクラスに出席していればいい訳ではありません。

テストを受け、課題を提出しなくてはいけません。

それを全て終わらせると、コースの修了証をもらい、晴れてAMEP卒業です。

なので、510時間以内に全てのモジュールが終われば、510時間使っていなくても修了することができます。

ちなみに私は、440時間使い、70時間を残して、コースを修了しました。

言い換えると、510時間使い切りたいなら、モジュールを全て終わらせないで、1つ残しておかないと、510時間使い切る前に、修了してしまいます。

510時間使い切る場合のメリット・デメリット

メリット

  • お得感がある。
  • 長く英語を勉強する事ができる。
  • ゆっくりモジュールに取り組む事ができる。
  • 学割が長く使える。

デメリット

  • ダラダラしてしまう。
  • 次の目標があって、英語はただの通過点の人にとってみれば、510時間も通う必要はない。

レベルは1、2の人は、510時間でレベル3を修了するのは時間的に難しいので、510時間全て使う(もしくは延長する)事はいい事だと思います。

しかし、英語がある程度できる人は、510時間も使う必要はないと思います。

510時間は長いです。フルタイムで通っても半年かかり、私の様に、週3で通うと1年近くかかります。

AMEPでは英語を勉強する事だけが目的ではありません。

英語を使ってオーストラリアで生活をする事が目的なので、英語は、ただのファーストステップにすぎません。

その後の進路、仕事をする、専門的な知識をつけるために勉強する人などは、英語は次のステップへ進むための手段にすぎないので、早めに終わらせて、次に進んだ方がいいと思います。

SLPET – 職業体験コースについて

雑誌の編集作業

レベル3の生徒はSLPET(セルペット)という職業体験が出来るコースも受ける事ができます。

200時間のコースで、初めの160時間はTAFEのクラスで勉強をして、残りの40時間は企業にインターンとして働きに行きます。

コースの種類

SLPETでは以下のコースなどが実施されています。

  • ビジネスアドミニストレーション
  • チャイルドケア
  • ホスピタリティー
  • リーテル

しかし、これらのコースが自分の行っているキャンパスで実施されるかは、わかりません。

行きたいコースがシティまで出なくてはいけなかったりと、多少不便な所があります。

SLPETに参加出来る条件

誰でも、いつでも参加出来るわけではありません。

  1. レベル3の生徒であること。
  2. 510時間のうちの70%を終わらせていること。
  3. インターンとして企業で働く事ができること。

510時間の70%を終える事が条件ですが、510時間、全て終わらせてはいけません。

510時間終わったら、AMEPの生徒ではなくなってしまうからです。

延長したい時は?

510時間、フルタイムで通うと、2ターム半になって、タームの途中で終わることになります。

タームの途中でキリが悪いので、という理由で延長を申請している人もいました。

しかし、申請したからといって、希望の期間が延長される訳ではなく、延長が認められない人もいました。

カウンセラーの人の話によると、政府から各AMEPに与えられる延長時間を、申請した生徒で分け合わなければいけない様です。

申請者が多かったり、もらえる時間数が少ないと、希望に応える事が出来ないそうです。

まとめ

ソファーに座ってパソコンをしている女性の足

少しはAMEPがどんな所かわかりましたか?

行く前は、何かと不安がいっぱいですよね。

本記事で、少しでもその不安が和らいで、英語の勉強に身が入る事を祈っています!

AMEPに行かれる方や、まだ考え中の方、

もしくは周りに、これからAMEPに参加する方がいるのなら、ぜひこのブログをシェアしてくださいね!

登録に行った時の様子です。こちらもチェックしてみたください。↓↓

【オーストラリアの無料英語クラス】AMEPの登録ってどんな感じ?私の体験をまとめました。今回は、AMEPの登録に行った時のことを、まとめてみました。 510時間、無料で英語が勉強できるんですよ! これを使わなきゃ...

本記事は、私が通ったAMEPでの場合です。お住いの州や地域によって内容が違う場合があります。

詳しくは、通われる予定のAMEPに、直接お問い合わせください。