シドニーお役立ち情報

オーストラリアでお墓を購入した体験談【海外で終活】

オーストラリアのお墓

先日、お墓を買いました。

家から車で15分ほどの所にある共同墓地で、お墓を購入。

ここオーストラリアでは、宗教上、土葬が一般的なので、1人1ヶ所のお墓を買う人が主流です。

(最近では、火葬も一般的になりつつあります。)

しかし、私は無宗教ですし、旦那も火葬を希望していることから、

1人用のスペースを買っておけば、夫婦2人で入れるし、自分たちが死んだ後も安心でしょ?

と旦那に説得され、購入することになりました。

あなたのお金で買うんだから、好きにすればいいんじゃない?と、

ずっと言っていたのですが、まあ結構な大金なので、1人で決断するのも心もとないし、私のGOサインが欲しかった様子なので、

「もうさ、そんなに欲しいなら買っちゃえばいいじゃん。」

と言ったら、その日の午後に、無理やり予約を押し込んでもらい、購入することになりました。

ちなみに旦那40代後半、私、30代後半です。

一生にあるかないかの、お墓を買うという貴重な体験を今回はシェアしたく、記事にしました。

お墓を今、買いたかった理由

旦那が今のうちに、お墓を購入したかった主な理由は、

  • まだ働いていて、お金があるから。(定年後は安定した収入を得るのが難しいと予想される)
  • 10年以上前に、義両親が買った時より、値段が上がっていることから、これからも値上がりすると思われるので、安いうちに購入したい。(全然安くはありませんが・・・)
  • 両親が買った場所の近くが、今なら購入できるから。

やはり、高い買い物であるがゆえに、今のうちに支払いを終わらせれば、老後の不安も減ります。

オーストラリアの物価も上がり続けている状態&シドニーの人口も増加している中、間違いなく今後、お墓の需要が高くなり、値上げやお墓が足りなくなり、希望の場所にお墓を買うことが出来なくなる可能性も出て来ます。

それに、自分達が生きている間に用意をして、子供達には迷惑をかけたくない。というのもありました。

購入したお墓

私たちが購入した場所は、地面に埋めるタイプではなく、壁に収納するタイプのお墓です。

オーストラリアのお墓死んだ後も、両親と一緒にいたい旦那・・・

 

写真や文字が彫られているプレートを取ると、中が空洞になっていて、

そこに柩(ひつぎ)が入れられるようになっています。

私たちは火葬を希望しているので、1人用のスペースを購入しました。

遺灰を入れても、スペースがかなり余るので、子供達も、入りたければどうぞ。という感じです。

ちなみに屋根はあるけど、室内ではありません。

オーストラリアのお墓

日当たりが良いのが気に入って、義両親は購入したらしいです。

ここの墓地は、110エイカーの敷地に9万人が埋葬されて、13万人の遺灰が眠っているそうです。

とにかく敷地が広くて、もちろん墓地内は車の移動です。

まさかの、バス停までありました!

墓地の中のバス停

最寄駅から墓地、墓地の中をぐるっと回り、駅に戻るルートで、運行されています。

さすがオーストラリアです。広い!

敷地内は、キリスト教、ユダヤ教、無宗教、子供専用など、細かくエリアで区切られていますが、どのエリアを購入しても、全く問題はありません。

私も無宗教ですが、カトリックのエリアに購入しました。

(旦那が、義両親の隣に買いたかったからなのですが。)

一応、宗教上の配慮と、いったところでしょう。

お墓の購入金額

ホント、高かったです。

気のテーブルにサングラスが置いてあるオフィスで待っている所。後ろの棚には骨壷が並んでいます。

 

$26,550でした。

管理費なしですが、毎回、遺灰を入れる時には、別途料金が掛かります。

とはいえ、お墓にも、色々タイプやサイズがあり、値段が違います。

1人分の遺灰を入れる小さな場所から、カップルで入れる2人分のお墓、収納タイプや、地面に埋葬するタイプなど、本当に様々です。

オーストラリアのお墓
お墓が掘り起こされる?!日本とだいぶ違う、オーストラリアのお墓事情先日、お墓を購入しました。 私、まだ30代なんですけどね・・・ https://www.emmaslifeblog.com/...

予算や、好みに合わせて選べます。

当たり前ですが、小さければ安く、大きければ高いです。

遺灰を入れるだけなら、安くすみますし、柩(ひつぎ)を入れるなら高いです。

支払いは、一括購入以外にも、購入時に料金の10%を支払えば、24ヶ月分割払いが出来ました。

私たちは、$10,000を購入時に支払って、残りを分割にしました。

しかし、支払いを全て終えないと、お墓の使用は出来ません。

最後に

まさか30代にして、自分が入る予定のお墓を買うことになるだなんて、夢にも思いませんでした。

そんなの、子供達が勝手に山や海にでも散骨してくれればいいんじゃない?

と思っていたのですが、

ある意味それも、残された子供達にしてみれば、めんどくさいのかも。と、旦那に言われて気付きました。

ここのお墓に入れてね。と言っておけば、逆に楽なのかな、と思います。

もしかしたら、またどこかの国に引っ越しする可能性も無い訳ではないのですが、老後はオーストラリアで過ごすと決めています。

ここで老後を迎えるのか・・・と、ぼんやり思っていたのが、なんだか現実味が湧いてきました。

ABOUT ME
Emma
Emma
シドニーに住んでいます。4人暮らし。旅行好き、ミュージカル好き、インテリア好き、Kマート好き!のんびりペースで女性のライフスタイルに関する雑記ブログを運営中。シドニーの生活、海外子育て、国際結婚などについても書いています。