お役立ち情報

オーストラリアでリサイクル【Return and Earn】1本で10セント返金されますよ!

リサイクルボトルが並んでいる写真

私の住んでいるニューサウス・ウェールズ州では、

空き缶、空き瓶、ペットボトルなどをリサイクルすると、1本につき10セントが返金される『Return and Earn』というキャンペーンを行なっています。

ペットボトルのリサイクルのポスター

2017年12月に始まったこのキャンペーン、

2019年7月まで間で、20億個のボトルを回収したそうです。

お金が絡むと、人は本気になりますね!

それだけではなく、500人以上の雇用を生み出し、44万ドルのお金が寄付されたそうです。(リサイクルでもらえるお金は、寄付することもできます)

1ドル72円で計算しても、3,170万円以上!凄いですね!

今回は、我が家でも恩恵を受けている、Return and Earnについて、回収方法などを詳しく紹介したいと思います。

Return and Earnはどこで回収しているの?

回収は自動回収機か、コンビニエンスストアや、ニュースエイジェンシーなどでも行われています。

お住いの地域での回収場所はこちらで探すことができます。

郵便番号を入力すれば、近くの回収場所を検索できます。

回収できるもの

ビール瓶、空き缶、ペットボトルが並んでいる

150mlから3Lの飲料水のボトルは、基本的に回収できます。

  • 水やジュースのペットボトル
  • 空き缶
  • ビール瓶
  • ジュースなどの紙パック

容器が潰れていたり、ラベルがはがれていると、回収されません。

ベットボトルのラベル

このように、10Cとラベルに書かれているのは、ほとんど大丈夫です。

回収できないもの

空き瓶、空きボトルが’並んでいる
  • 牛乳のコンテナ
  • 1L以上の、野菜やフルーツジュースのボトル
  • ワインボトル
  • スピリッツ(アルコール)のボトル
  • コーディオ(水で薄めて飲むジュース)のボトル

などです。

Return and Earnに行ってみよう!

我が家では、スクールホリデーに入ると必ず、Return and Earnに行きます。

おばあちゃんの家からもらって来たり、公園で落ちてたボトルを拾って来たりと、10週間でだいぶ溜まります。

袋に入ったペットボトル

我が家では、誰もアルコールやジュースを飲まないので、ほぼ水のペットボトルです。

それに、基本マイボトルを使っているので、我が家ではそんなにボトルが溜まりません。

なので、ほとんどが、旦那の実家からの物です。

10週間でこの量。

凄い量のゴミを出しているなと、いつも思います。

自動回収機の使い方

Return and earnの看板

回収機の使い方は簡単です。

支払方法は3つの中から選べます。

  • バウチャーを発行→現金に換える
  • PayPal
  • 寄付
ベットボトルのリサイクルをしている子供

PayPalの場合

リサイクルに行く前に『myTOMRA app』というアプリをダウンロードして、自分のPayPalアカウントとリンクさせる必要があります。

1.機械にボトルを入れる前に、アプリのバーコードをスキャンします。

2.ボトルを機械に入れます。

3.終わったら画面のPayPalのボタンをタッチしておしまい。

リサイクルマシーンの前にいる女性

黒い服のお姉さんが、ちょうどバーコードをスキャンしていますね。

バウチャー&寄付の場合

バウチャー、寄付の場合は、

そのまま機械にボトルを入れていきます。

全部入れ終わったら、

寄付の場合は、Donateのボタンを、

バウチャーの場合は、画面のVoucherのボタンをタッチ。

バウチャーの場合は、バーコードが付いたレシートが出て来ます。

レシート

今回は21ドル。

215本もあったのか!!

バウチャー(レシート)を現金化する

レシートは、Woolworthで現金化できます。

カウンターやレジでレシートを渡せばお金をくれますし、

自動精算機の場合は、商品をスキャンするように、レシートのバーコートをスキャンして、

右下にある緑のボタン『Pay Now』をタッチすると、お金が出て来ます。

もちろん、普段のお買い物の際に使用することも出来ます。

自動精算機で現金化する場合は『Cash Only』ではなくて、現金が取り扱いできる機械を使用して下さい。

まとめ

ゴミがお金になるだなんて、嬉しい限りです!

我が家では、Return and Earnのお金は、子供達のお小遣いになっています。

でも時々、Return and Earnに持っていきたいから、ペットボトルの水飲んでいい?

と言われる時もありますが・・・怒

それだと、リサイクルの意味がないので、やっぱり不必要なゴミは出さないように気を付けています。

基本、旦那の実家からのと、学校や公園で見つけたボトルです。道で積極的に拾って来るわけではありません。

それでも結構溜まります。

ビールを頻繁に飲む家庭なら、絶対にReturn and Earnに持って行った方がいいですよ!

そんなに手間ではありません。

子供達も楽しんでリサイクルできるし、お金が貰えると喜んでいます。

州によって実施している所と、そうでない所があると思いますが、

NSWにお住いならやって損はないですよ!

お金は、寄付することも出来ます。

是非この機会に、Return and Earn 始めてみませんか?

もしお友達でReturn and Earnを知らない人がいたら、是非、このブログをシェアして下さいね!