オピニオン

【子供の為に離婚しない】それって本当は、自分の為に離婚したくないということだった。

向き合っているカップルの間にいる猫

『子供の為に離婚はしない』

このフレーズ、よく耳にする。

自分も母親にそう言われていたし、自分でもそう思っていた時期が過去にあった。

でも先日、ふと思ったのが、

『子供の為に離婚はしない』って本当は

『自分の為に離婚したくない』ってことなんだって、気付いた。

「子供が小さいから、離婚は無理だな」

そう思って、離婚できない原因を、子供のせいにしていた時期を思い出した。

もちろん、子供にそんなことは、口が裂けても言わなかったし(子供が小さく、会話が不可能な時期だったけど)自分の中で思っていただけ。

(ちなみに、今は夫婦仲も元に戻って、仲良くやっていますので、ご心配なく。笑)

 

先日、離婚したくないのは子供の為。と言っている女性をテレビで見かけた。

彼女は子供が4人で一番下の子が7ヶ月。

「そりゃ、そうだろ」

そう初めは思ったけど、話を聞くうちに、子供がいるからじゃなくて、

この人が離婚したくないんだな、と思った。

そうしたら、「子供がいるから離婚できない」と思っていた過去の自分は、間違っていたんじゃないか。

子供がいるからじゃなくて、『自分が離婚したくなかったんだ!』ということに気付いてしまった!

ずっと両親に離婚して欲しくて仕方がなかった

父親の暴力や、繰り返す浮気に、母だけではなく、子供である私や兄弟ですら困っていた。

母親に何度も何度も、離婚してほしいと頼んでも、

「あなたたちが(一番下の妹が)大人になるまでは、離婚しない」「今離婚したら、私たちは路頭に迷うから」

そう言われてきた。(当時母は、パートで働いていた)

子供の私たちが頼んでいるのにも関わらず、母親は離婚しなかった。(もちろん父親も離婚は反対)

本当に、意味がわからなかった。

子供からしてみても、この夫婦関係は完全に破綻していると分かったし、子供の私たちですら、父親と生活を共にするのが苦痛だったし、それが私たちには健全ではないことくらい理解できた。

兄弟4人もいるんだから、私たちも高校生になったら、バイトすればいいし、なんなら学校になんて行かなくてもいい。

こんな家庭環境で生活するくらいなら、小さいアパートで、みんなで川の字になって寝たほうがマシだと何度も思った。

それでもお金の為に、安定した生活の為に、母親は離婚しなかった。

でも、私たち兄弟には、心の安定なんて一切なかった。

大人になって母親の言っていることが分かった

私も、離婚を真剣に考えてた時期があった。

もちろん旦那にも離婚を提案してみたけど、旦那は絶対に離婚しないと、離婚に反対だった。

反対の理由は、子供の為。

私は、このまま結婚生活を続けていても意味がないように思ったので、

離婚を、どうしてもしたいのではないけど、離婚という選択について、旦那がどう考えているのか知りたかったから聞いてみた。

当時まだ子供も小さかったし、専業主婦だし、

旦那が離婚に反対の時点で、反対を押し切って別居(もしくは離婚)をしたって、生活ができなくなることくらい一目瞭然だった。

一人だったら迷わず離婚していただろうけど、私の経済能力で子供2人を育てていくなんで無理。

当時の母と、私の状況を比べることは出来ないけど、(置かれている環境が違うので)

離婚したら貧困に陥る可能性が高いという所は同じで、

やはり私も、お金の為、生活の為に、離婚という選択はなくなった。

そしてその時に、ようやく母親の言っていることが分かった。

『子供の為に離婚しない』その選択も有りなんだな、って。

子供の為に離婚しないのは言い訳。本当は一人で子供を育て、生活していく自信も気力もないだけ。

『子供の為に離婚はしない』の裏の気持ちは、

一人でやっていく自信も気力もないだけだと、そのテレビの女性を見て気付いてしまった。

お金の問題とか、両親が揃っていた方がいいとか、そんなのは表面的なことは上辺にしか過ぎない。

本当は、離婚して一人でやっていく自信がないだけ。

何の取り柄もない主婦が、仕事なんて見つかるのか?仕事なんて、できるのか??

お金なんて稼げるのか??

子供の教育費は??養育費はもらえるの??

周りの友達には、何て言えばいいの??

離婚しても子供の父親として関係を続けるに当たり、旦那が何もなかったかの様に、子供に会うのが許せない!!!(子育てなんて一切しなかったくせに!!)

義理の母親や家族が、一生子供に会えない様にしてやる!!!

こんな、荒れに荒れた精神状態をどうコントロールしていけばいいのか??

子供が、父親(旦那)と離れて暮らすのを嫌がったら、私は一体どうすればいいのか??

全部、私自身のことでした。

子供の事なんて、一切考えていなかった。

離婚したら、自分の身に起こるであろう心配事しか、考えていなかった。

それなのに『子供の為に離婚できない』

そう思っていた自分は、超自分勝手だったと、テレビを見て気付いてしまった。

きっと、一人で責任を負いたくないという、無責任な考えから来ていた。自分が犠牲を払いたくなくて。

でも、離婚もできない、関係も修復しようともしない、なにもできない自分を認められずに、

『子供がいるから離婚は無理』と、あたかも子供の為に離婚をしないと、自分に言い聞かせていたんだと思う。

今、夫婦の関係は良好だけど、

このことに、もう少し早く気付いていたら、もう少し早く立ち直れていたかもしれない。

結構長い時間がかかったから。

認めたくない自分の気持ちを、まずはきちんと認めてあげる事。

あの時の自分にアドバイスをするなら、

自分が大変な思いをしたくない。自分が犠牲になりたくないから離婚しない。

別にそれでもいいってこと。子供と離婚は関係ない。

そして、離婚しないって決めたのなら、我慢する、諦めるのではなくて、やっぱり前には進まないと。

自分が犠牲者だと思っていたら、いつまでたっても何も変わらないから。

離婚したいくらい辛い環境で生活するほど、自分を苦しめることはない。

離婚しないって決めたなら、環境を改善する努力は絶対に必要。

それは夫婦関係を修復する為じゃなくて、自分のため。

自分だって毎日楽しく、幸せに暮らす権利がある。

離婚はできない、しょうがない。

じゃなくて、

離婚はしない。だから今の環境を少しでも改善する努力をする。

そう決めて行動しないと、

ずっと宙ぶらりんの精神状態で、人のせいにしながら、

『なんて自分は不幸なんだろう』と一生嘆き続けることになるから。

結局、自分以外に、自分を幸せにできる人はいないから。

それに気付けば、早く立ち直ることもできるし、早く幸せになれる。

だって、『自分を幸せにできる人は、自分しかいない』って気付ければ、

今日かHappyな生活を送ることができる。

それを選ぶのも、選ばないのも

結局は自分次第だよ!ってこと。

マグカップを持った女性
海外で専業主婦は肩身が狭いのが現実。だけど、他人にどうこう言われる筋合いはない。ここオーストラリアに住んでいても、専業主婦と言うと、たまにイヤミを言われます。 自分がそう思っているからといって、赤の他人を攻撃し...